【星ドラ闘技場】第13回レジェンドアリーナ (1/5)

レジェンドアリーナ




第13回レジェンドアリーナが始まりました!前回から一応1ヶ月は経過してるけど、ちょっと間隔短くない?SPモンスターの評価をしてたのに…。

今回は出来るだけ初日からインして時間的余裕を持ちたいと思います。いつもかもしれないけどトータル14日間しかないんですね…。

今回は出来るだけリアルタイムに更新してみたいと思いますが、おそらく10戦しないうちにスクショ貼るだけになりそう(笑)

13回レジェアリ 1戦目

14時ジャストに開いてNPCチャレンジした結果、NPCではあるんですが、負けず嫌いカンダタに、素早さMAXのヘルビーストが現れた…笑うしかない涙

とはいえ、冷静に見ると、デバフは素早D/転倒/眠りのみで、デイン/ジバリアが通る相手なので、デバフ運が悪くない限り勝てる気がしてきました。

対戦相手分析

  • 「わがまま」2体は必須だろう。眠り対策をするか悩むところ。
  • アークカッター/聖王の矢は食らう前提で構成を組みたい。
  • デイン/ジバリア/ドルマからスキル選定したい。
  • 最終奥義/素早D/相手のスキル属性を考慮して物質/ゾンビ/悪魔あたりか。
  1. ミミック(わがまま)
  2. トラップボックス(負けず嫌い)
  3. アクバー(わがまま)
  4. ゴールデンゴーレム(負けず嫌い)

マジンガに暴れられてしまうのが一番怖いと捉え、W箱PTをベースに、残り2体はギラ耐性必須で素早Dに強い悪魔系を選択しました。

最後まで悩んだのは、悪魔のアクバーにするかゾンビのヘルクラッシャーにするか。

負けず嫌い対策でヘルクラッシャーの最終奥義を候補に入れたんですが、全体攻撃が足りず中途半端に攻撃したくないという理由に加えて、ヘルビーストの眠り対策を無視したため系統ボーナスのデバフ運アップ狙いで、悪魔2体にしました!

対戦結果分析

(動画は別途)

両脇が素早Dを食らうものの、ミミックのデバフを与えたことで、かなり安定した戦いができました。素早Dがなければ…は言うても仕方ないので、負けず嫌いカンダタを相手にしては上出来でしょう!

第13回レジェアリ 2戦目

早速チョコクイーンの登場!しかも負けず嫌い!自軍で攻める場合にはイマイチだけど相手にすると厄介な性格ですね。

ステータスもほぼMAXで、よくよく見返してみるとSSSアリーナで見かける強者でした。

対戦相手分析

  • チョコの開幕デバフ/夢導スキル/アルゴンのメインスキルから「がんばりや」「きれもの」必須。
  • ジバリアで攻めたい。ギラ/デインは使用不可。
  • デイン攻めは不可なのでゴールデンゴーレムが最後まで残る。黄金むそう/黄竜会心撃は食らう前提で考える。
  • 鳥/悪魔/マシンがメタれる相性だが、鳥はオーディンアローの素早D、悪魔はオーディンアロー自体デイン属性に弱い、マシンは素早Dに加え順位ボーナスが取りづらいのが難点。
  • 相手に「きれもの」あるためミミック/アルゴンのデバフには期待できない。解除滑りにより悪影響さえある。

デイン/ジバリアで攻められることからW箱PTを試しましたが、得意を取れてないせいか、混乱解除できない場合などしっくり来ません。

マシン/鳥の組み合わせは予想通りオーディンアローによる素早Dを食らい、勝利できるんですが、瀕死ギリギリなことが多くて、選択出来ませんでした。

その他ドラゴン系ライバーンロードの聖王の矢も使用しましたが、相手の黄竜会心撃がやはり難点で費用対効果に欠ける印象でした。

その結果…

  1. レジアクセル(がんばりや)
  2. デスマシーン(純粋)
  3. アクバー(きれもの)
  4. ゴールデンゴーレム(負けず嫌い)

レジアクセルの大地斬(ジバリア)攻め/素早D解除、デスマシーンの闘神の一太刀によるワンパン、アクバーによるドルマ攻め、負けず嫌いGGによる耐久性/ジバリア攻め、の構成を選択しました。

レジアクセルを負けず嫌いからがんばりやに性格変更しなければならない点、デスマシーンの初手が負けず嫌いチョコクイーンに飛んでしまう点、この2点に悩みました。

対戦結果分析

(動画は別途)

模擬戦でも見えていたのですが、デスマシーンの一太刀でアルゴンをワンパンできました。ゴールデンゴーレムも早々に落とせたのはかなり大きい!上振れ運ですね。

早々に2体落としたため最後は通常足らずで2ターン目に突入しちゃいましたが、模擬戦含めて過去最高の出来でした!

13回レジェアリ 3戦目

カンダタ/タウラスは嫌悪感…性格/スキルを見る限り戦いやすいですが、積極的2体に勇敢2体は足元をすくわれかねないので、高ポイントを意識せずに入念にメタりたいと思います。

対戦相手分析

  • 全体攻撃1,2体に最終奥義2,3体の構成が基本になるだろう。
  • 相手のスキルからジバリア/バギ/デイン耐性はしっかり取りたい。
  • スライム/鳥がメインになるが、カンダタ素早Dは少し気にする。闘神の一太刀あるのでスライムは減点か。
  • デバフは転倒のみで「わがまま」2体必須。最終奥義が居ないのでれんごく天馬も候補。
  1. バルザック(純粋)
  2. れんごく天馬(きれもの)
  3. ひくいどり(純粋)
  4. ほうおう(わがまま)

タウラスのスキルが大地列斬ではなく大地斬りであると判明!相当なデバフ運タゲ運でない限り、勝ちますね…。

相手のれんごく天馬が生き延びるリスクヘッジして、れんごく天馬を負けず嫌いからきれものにしました。

対戦結果分析

(動画は別途)

鳥2体が素早Dを食らい平均的なデバフスタートで、そのためひくいどりの全体攻撃よりバルザックの最終奥義が先にタウラスに飛び、ピンチスキル使われました。

少しひやっとしましたが、勝利しました。大地列斬とかスキルが変われば負けもあり得ましたね…。やはり入念かつ沢山の模擬戦は重要かもしれませんね。

13回レジェアリ 4戦目

ぱっと見は勝てそうですが、単体ドルマ属性2つは構成検討に影響するかもしれません。

対戦相手分析

  • れんごく天馬の初手はメインか夢導か分からない。
  • 「きれもの」「がんばりや」は必須。落ちる可能性を見て、どのモンスターにどの性格にするかは確認必須!
  • プチリンガルはいるにせよ、最終奥義攻めは確定。
  • ドルマスキルあるため、W箱による攻撃Dには期待せず、素直に鳥4体で行けそう。
  1. ひくいどり(純粋)
  2. ほうおう(わがまま)
  3. ジャミラス(きれもの)
  4. にじくじゃく(がんばりや)

結局、鳥4体で組みました。プチリンガルとクロウにだけ飛ぶと1体落とし止まりですが、それでも勝利できそうなのでこの構成で!

性格本の節約のため、ほうおう性格は手持ちわがままを利用しており、意図はありません。

対戦結果分析

(動画は別途)

そこそこ高ポイント勝利は予測できてましたが、ここまで高いとは!ひくいどりが眠りから目覚めませんでしたが、タゲ運に恵まれプチリンガルを早々に落として結果オーライ言う事なし!でしょう!

13回レジェアリ 5戦目

ドラキーが嫌ですが、メタれる構成ではありそう。しかし、死神の一振りだけは…。これだけは想定しようがなく、瞬殺されたら敗北しますね…。構成の案配に悩みそう。

対戦相手分析

  • 「きれもの」必須で、タウラスの転倒/ミミックの夢導をどう捉えるか。
  • やはり最終奥義攻めだろうか。
  • マリーンはわがまま性格なので死神ではなくメインスキルから!?
  • 素早さ強化値は低いため順位ボーナスはしっかり取りたい。
  • 転倒/混乱/幻惑の解除役がいないのでデバフ攻め方可能な構成組めるか考える。
  1. 妖剣士オーレン(純粋)
  2. ひくいどり(純粋)
  3. ほうおう(がんばりや)
  4. バルザック(きれもの)

色々悩んだ結果、やはり全体攻撃ダメージが足りないことからオーレン/ひくいどりの組み合わせを選択しました!

深夜にオーレンにジェムぶっぱしました(笑)

解除役がそれぞれ1体なのは仕方なし…。4体共に素早さ231で合わせて順位ボーナスを得ています。

対戦結果分析

(動画は別途)

ほうおうが開幕混乱してひやっとしましたが無事勝利!オーレン育成ジェムぶっぱしましたが、ここ5戦の中では一番ポイントが低い結果でした。

相手の素早さ強化が低いとはいえ、あまり見かけない構成に勝てたことにまずは満足しようと思います。

まだ5戦…この集中力続くのだろうか…。

13回レジェアリ 6戦目

強化値もほぼオールMAXの耐性バランス良さそうな構成で私の嫌いながんこものまでいます…。

全てデフォルト性格ですが、メタろうとすると厄介な性格ばかりですね。

それぞれ火力が高いので、入念に検証しないと足元すくわれてしまいます。

対戦相手分析

  • 解除系は「きれもの」のみあればよい。
  • 相手の初手はジバリア/デイン/無属性あたりの全体攻撃でありW箱が候補か。
  • 相性はマシン系が良いが、使えるのがレジアクセルの夢導くらいか…。他は耐久性に劣る。
  • 獣/ゾンビの相性も良いが、相手のスキルから出すメリットが少ない気がする。
  • ギラは不可。ジバリアで攻めたい。
  • デバフはザル。眠りあたりで攻めるか!?
  1. ミミック(きれもの)
  2. トラップボックス(負けず嫌い)
  3. どぐう戦士(きれもの)
  4. タウラス(負けず嫌い)

マジンガに働かせないかつデイン/ジバリア対策から物質3体にタウラスを選択しました。

レジアクセルの眠りは1回しか試してませんがやはり火力不足かつデバフ頼りなので辞めました。

お恥ずかしいことにタウラスの耐性理解不足で、デインだけでなくジバリアもあるんですね!そりゃ強いわ。今回は相手に最終奥義いないので自信持って選択できました。

相手のデバフがきれものだけ対策可能なので、物質きれもの2体出せるのも安心出来ました。

同じ性格がないので純粋を織り交ぜるなどして模擬戦を何度かして問題なさそうなのでGO!

対戦結果分析

予想通り、快勝です!嫌いな相手の頑固者も発動せず、高ポイント取れました!

デイン/ジバリア攻めには今後もW箱+タウラスは使えそうだと気付けたことが一番大きい!

危険なペースですが、引き続き7戦目以降頑張ります。