【星ドラ闘技場】第14回レジェンドアリーナ (2/5)




引き続き第14回レジェンドアリーナ7戦目以降を記録していきます。残り6日で25戦しなければならないため、ココからはスクショ貼り付けメインとなるかもしれません。かなり時間的な制約の焦りが出てきています💦

14回レジェアリ 7戦目

オーレン負けず嫌いに、ヘルコンダクターのピンチスキルを発動させる嫌らしい相手ですね…。

対戦相手分析

ヘルクラッシャーが居るため、わがまま必須ですね。意外と忘れがちでマヒるとほぼ負け確定します。あとはきれもの。可能なら2体ずつほしいところ。

相手の耐性を見てギラ/デインで攻めれば簡単と思いきや、負けず嫌いオーレンに、ぶきようヘルコンダクターのピンチスキルに、後追いで来るメラ属性のガイアソード/カイザーフェニックスまて、見れば見るほど嫌らしい。

色々考え過ぎてめちゃくちゃ悩みました。最終的には純粋シルバースパークのカンダタのデバフとヘルバオムのデバフに頼る構成に…。わがまま/きれもの性格も1体ずつ…。かなり中途半端な構成になりました。

  1. れんごくちょう(純粋)
  2. カンダタ(純粋)
  3. ヘルバオム(わがまま)
  4. ほのおのせいれい(きれもの)

対戦結果分析

模擬戦ほどデバフは入らず、想定してはいましたがカンダタが落ちて、なんとか4300台キープの勝利でした。

カンダタのシルバースパークは竜神斬に、ほのおのせいれいの最終奥義は真・閃華裂光拳に、すべきでしたかね。ダメージ見込みが甘くて中途半端に残してしまいました。

使いたいモンスターに使いたい性格が無くて、この試合は本当に悩みました。ヘルクラッシャー対策の怪人系モンスターのわがまま役を育成しないといけないな…。

14回レジェアリ 8戦目

負けず嫌い2体のこれまた嫌らしい構成です。しかしヘルバオムが少ない…。ヘルバオム遭遇率だけ見たらマッチング運に恵まれてそうですが、あまりそういう印象を持てません…。

対戦相手分析

先程と同様にないしはそれ以上に、わがまま/きれもの2体ずつは欲しいですね。

全然攻撃が欲しくてゲリュオンを投入した結果、わがまま役が1体となりました。どうなるか…。

過去何度も転倒には嫌な思いさせられているんですが、わがまま役のを担える最適なモンスターが居なくて…。居るのかもしれないけど時間の焦りから深い考慮をしている暇がない!

  1. ゲリュオン(純粋)
  2. 妖剣士オーレン(きれもの)
  3. ヘルバオム(わがまま)
  4. いどまじん(きれもの)

対戦結果分析

予感が当たりました…。転倒耐性の低いオーレンが開幕転倒しばらく動けず、タゲ運も微妙で低ポイントの勝利でした。

模擬戦で転倒し続けることはありましたが、その分此方のデバフも最低限入ってたのですが、本番では一方的に不利なだけでした…。

ゲリュオン2体目はわがままにするつもりですが、育成間に合わず投入出来ませんでした。やはりわがまま役は2体必須ですね…。ポイントを取りに行くところ、ポイントより勝率を優先するところ、見極めが難しい。

ギラ耐性弱い相手が3体かつ獣系が優位なので獣系の最終奥義攻めすべきでしたかね…。相手タウラスのギラ属性が気になり、そもそも模擬しませんでした。

14回レジェアリ 9戦目

獣系の純粋3シルバースパーク!きれものチョコクイーンも嫌らしい。系統固めなのでメタりやすいはずで、耐久しながら戦う形ですね。

対戦相手分析

相性優位のメタPTで、相手のシルバースパークを考慮してスライム系で固めています。相手の休み耐性が低いため、いどまじんの追撃休みをワンチャン期待しました。

  1. チョコクイーン(がんばりや)
  2. スライムジェネラル(きれもの)
  3. ドラゴスライム(わがまま)
  4. いどまじん(きれもの)

対戦結果分析

また下振れました…。うーん、なんだろうこのモヤモヤ感。

いどまじんを採用するならば、アイシクルスラストでしたかねぇ…詰めが甘い。また勇敢の性格と初動の遅さで頭ごなしに不採用としたスライムエンペラー、よく考えたら全然良いですね…ちょっと視野が狭いかな。

14回レジェアリ 10戦目

ようやく10戦目、まだまだ先は長い…。ヘルバオムとタウラスの組み合わせはなんとなく嫌。とはいえ、性格がそれ程強くないのでしっかりメタりたいですね。

対戦相手分析

性格はヘルバオムに対するきれもの2体・タウラスに対するわがまま1体入れておけばいい程度と判断して、相手に最終奥義がないことから、全体攻撃役にゲリュオンを採用しました。

  1. ゲリュオン(純粋)
  2. 妖剣士オーレン(きれもの)
  3. ヘルバオム(わがまま)
  4. デスコピオン(きれもの)

対戦結果分析

展開が見事にハマりました!神タゲでしたね!ここ2戦のモヤモヤを晴らす勝利でした。

バギ属性に弱い相手には、ゲリュオン/デスコピオン良いですね!あとは白虎斬挿しのれんごくちょう/キラーパンサーあたりですかね。キラパンは純粋じゃないんだよなぁ…。

14回レジェアリ 11戦目

ヘルバオム/タウラス/いどまじん、最近の嫌らしいモンスターの組み合わせが出てきました。スキル面で劣る部分があるので確実に勝利を狙いたいところ。

対戦相手分析

なぜ当時、下の構成にしたのか全然わからない…。相手のスキルだけ見て、耐性面・相性面を全く見ていないように確認していないように見えますね…。

  1. 妖剣士オーレン(純粋)
  2. ヘルバオム(がんばりや)
  3. デスコピオン(きれもの)
  4. ヘラクレイザー(きれもの)

対戦結果分析

負けたー!不安視していたこと全て発生しました…。表向きデバフの本質では実力負けです。

  • 幻惑に弱い虫系は系統ボーナスにきれもの2体のみで対策
  • 転倒耐性が低いオーレン居るのにわがまま性格無しの選択

スライム系統できれもの2体を用意すべきでした。デスコピオンのデバフにワンチャン期待しちゃダメですな💦

14回レジェアリ 12戦目

ヘルバオム/ヘラクレイザーの組み合わせ出てきました!その上カンダタと負けず嫌いチョコクイーン…。これはかなり苦戦しそう。

対戦相手分析

これまたなぜ下記の構成にしたのか思い出せない…。シルバースパークを重視してスライム系を選択したのかな。思い出せない時点で検討不足ですね。

メタ耐性に弱いので、魔軍師イッドのカイザーフェニックス等は投入できたはずなのに、シルバースパークを恐れすぎたのでしょう。初手の魅惑でCT減の期待できたはずなのですが…。

ドルマ耐性にも弱いので、純粋オーレンの全体攻撃なんかも候補のはずでしたが、転倒耐性を嫌い選択肢から外したのかな…。少し相手のデバフ解除に囚われすぎている感じはします。

  1. ヘルバオム(わがまま)
  2. チョコクイーン(がんばりや)
  3. スライムジェネラル(きれもの)
  4. ヘラクレイザー(きれもの)

対戦結果分析

ギリギリの勝利でした…。チョコクイーンにデバフを入れたにもかかわらず、この結果…。

PT選択が悪いのが主要因とはいえ、負けず嫌い2体は辛いですね。わがまま/きれもの/がんばりやのすべての解除をケアしつつ、負けず嫌いにも対応したメタ構成は、引き続き検討しないといけません!

総括(7-12戦目)

7-9戦目の小さなほころびから徐々に調子を崩しています。10戦目に一時盛り返したものの、11戦目に表向きデバフ負けをして、12戦目にギリ勝ちをして、13戦目以降は時間不足も相まり迷走していきます…。